なた豆歯磨きは効果なし!?実際に使ってみたら…

【メーカーさん閲覧禁止!】なた豆歯磨きが効かない噂は本当なのか?

初めまして、TAKAと申します。なた豆歯磨きの口コミを見ていると、一部の人には効果がないような書き込みがあります。どの口臭対策アイテムもそうですが、その人の体質や口臭の原因によって、効く効かないは絶対にあります。なた豆歯磨きは全ての人に効果があるものではありません。

 

ただ私はなた豆歯磨きを使用して、実際に朝の寝起きなど口臭レベル(口臭チェッカーで調べた結果)が低下しており、効果を実感できています。では効果がある人とない人ではどんな違いがあるでしょうか?とても気になったので色々と聞いてみたり、口コミを調べてみると効果がない人には一定の傾向があることに気付きました。

 

ここで紹介する内容に該当するようであれば、なた豆歯磨きを購入しても効果を得られる可能性は低いです。メーカーさんには怒られるかもしれませんが、これが事実なのではっきりとお伝えして、他の口臭対策アイテムや歯科医に相談することをおすすめします。

 

なた豆歯磨きは良い商品だと思いますが、全ての人に効果があるとは思いません。これを事前に確認し無駄な出費を抑えることができると思います。口臭は自分で気づきにくく、指摘されるとかなり憂鬱な気分になりますが、ともに頑張って行きましょう。

 

なた豆歯磨きを使用しても効果がない人の傾向とは?

口コミや書き込みなどで、周囲で使用している人の話を聞くと、以下のような人は効果を実感できていない事が多いです。どれかに該当するのであれば、なた豆歯磨きを使用しても満足のいく結果を得られる可能性は低いです。他の口臭対策アイテムや歯科医にいくことをおすすめします。

 

なた豆歯磨きが効果がない人のポイント

すぐに効果が得られると思って、使用期間が短い人
ストレスのかかる仕事や役職の人
愛煙家・コーヒーを良く飲む人
未治療の虫歯がある人

 

これらに該当する人の多くは、なた豆歯磨きの効果を実感できていません。では各項目について説明していきたいと思います。

 

具体的にどういった理由でなた豆歯磨きが効かないのか?

すぐに効果が得られると思って、使用期間が短い人

これは口コミで多く見られたのですが、効果がない!と言われている人は1か月や2か月といった短い期間で判断されているケースが非常に多く見受けられました。なた豆歯磨きに含まれる、なた豆の成分や口内環境から考えて、1か月2か月で効果が得られることは、正直まずありません。公式サイトでも使用者の体験談にこっそり書かれていますが、「愛用歴5年」とか「3年」など、最低でも半年は様子見したいところです。

 

ストレスのかかる仕事・役職の人

なた豆歯磨きは非常に使いやすい歯磨きではありますが、万能ではありません。基本的には、口内環境を整えることが目的になるので、胃など内臓系から来る口臭に関しては、全くと言っていいほど効果が見られないと思います。逆に内臓関係が健康体なら、十分に効果が実感できる可能性が高まります。

 

愛煙家・コーヒーを良く飲む人

なた豆歯磨きの基本は、なた豆に含まれるカナバニンが抗炎症作用を持つことで、歯茎の炎症を止める・防ぐことで口臭に効果がある、とされています。そのため、歯肉炎・歯周病といった部分で大きく効果を発揮しますが、ヤニの匂いや、口内の酸化による部分には比較的効果が薄い可能性があります。

 

未治療の虫歯がある人

こちらも、ポイント3と同様の理由です。なた豆歯磨きはあくまで歯肉炎・歯周病に対するものなので、既に虫歯になっている場合、そこから悪臭が発生している[可能性があります。虫歯があるかどうかわからない、という人はまず歯科医に相談した方がいいでしょう。ちなみに私は、治療し、銀歯で閉じたはずの歯が再度虫歯になってしまったことがあります。下手に蓋がある分、歯の中が相当汚い状態だったらしく、銀歯を外すと、膿の腐ったような匂いで自分でも目眩がするほどの悪臭でした…

 

 

なた豆歯磨きの効果まとめ

みなさんは違うと思いますが、短期間で口臭対策が出来ると思われている方が一定数おられます。

 

私自身、なた豆歯磨きを使用して効果を実感できるまで、○か月ほどかかりました。(なた豆歯磨きの前は、普通の市販の歯磨きを使用していました。)口臭は原因が幅広く、複雑に絡み合っている可能性もあるのでひとつのやり方で効果が出ることの方が稀です。

 

しかし原因をひとつひとつ潰してさえ行けば、確実に効果が出ると思っています。実際、ちゃんと口臭に向き合う前は、歯磨きは夜しないこともありましたし、歯科医に行くこともありませんでしたし、タバコはバカスカ吸っていました。(今でも吸っていますが、本数は減っています。)

 

口臭対策は、まず自分に出来ることを、やることから始まります。ともに頑張りましょう。ありがとうございました。